神様が存在したら可哀想な彼女たちは救われるのか。【オリジナル小説】【短編】


 
 神様は存在しない。
  
 
「私、悪いことした?」
 
 クラスメイトに取り囲まれて、暴言を吐かれていた。
 思わず、いつも疑問に抱いていたことを口に出す。
 
 一瞬だけポカンとした彼女だけど、
 すぐに引き攣った顔をして、
 
 「お前の存在自体が悪いんだよ!!」と叫んだ。
 
 正直、私が彼女たちの前に存在することに、私の意思はない。
 呼び出されて引きずられるように連れてこられたのだ。
 だから、貴女たちの視界に入っているのは、私に責任はない。
 勝手に視界に入れたくせに、意味がわからない。
 
 存在自体が気に入らないのなら、視界に入れなければいい。
 話しかけなければいい。
 無視していればいいのに。
 
 わざわざ話しかけて、視界に入れて、
 こんな暴言を吐いているのは、紛れもない彼女たちだ。
 
 私はそれに付き合わされているだけ。
 
 私が彼女たちにとって「悪」であり、「邪魔」であるのなら、
 単純に関わらなければいいだけのことだ。
 
 ばか、なのだろうか。
 
 
 私には学校に来なくてはならない理由があるし、
 授業をサボるわけにはいかない。
 教室に入らなければならない理由がある。
 
 強引に私と関わっているのは彼女たちであって、私ではない。
 それなのに、なぜ?
 私が咎められなくてはならないのか。
 
 理不尽としか言いようがない。
 
 最近、テレビで若者の学力低下とか、考える力がないと騒がれているが、
 きっと、こういうことなのだろう。
 
 余計なことではあるが、
 彼女たちの将来が心配になる。
 
 本当に、バカなのだろう。
 
 祖母が良く言っていた。
「馬鹿に付ける薬はない」と。
 
 だから、私が彼女たちに何を言っても無駄だろう。
 
 まあ、彼女たちの将来なんて、私には関係のないことだ。
 けれど、可哀想な人達だ。
 
 だからこそ、私は彼女たちの暴言を聞いてあげなくてはならない。
 
 神様が存在するのであれば、
 こんな可哀想な人達が救われるのに。
 
 
 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA