平和な世界と臆病な私【オリジナル小説】【短編】

 

 

 やる気が起きないときはある。
 
 それでも、私は生きていかなくてはならない。
 
 
「ただいま」
 
 誰もいない部屋に帰宅を告げる言葉を吐いて、靴を脱いだ。
 1人暮らしを始めて数年になるが、これをしなかった日はない。
 
 虚しいとか、寂しいとか思わないこともないが、それでも疲れた私を受け入れてくれる場所なのだから。
 
 電気をつけて、ソファに座り込む。
 
 今日は、何もしたくない。
 ご飯も食べたくないし、お風呂にも入りたくない。
 
 このまま眠ってしまいたい。
 
 それでも、お腹は空いているし、化粧を落とさないと大変なことになる。
 お風呂にだって入らなければ、気持ち悪いし。
 
 明日も仕事に行かなければならないのだから。
 
 
 今日は本当に疲れた。
 と言っても、何か特別に嫌なことがあったわけではない。
 
 いつも通り仕事をして、なんのトラブルもなかった。
 そう、何もなかったのだ。
 
 トラブルが起きて欲しいわけでもないし、
 嫌なことがなかったのは、いいことだ。
 
 それでも、私はとても疲れている。
 
 
 今の仕事に不満もない。
 むしろやりがいを感じているし、任される仕事も増えてきた。
 
 来月から、部署リーダーを任されることにもなっている。
 お給料も増えていくし、何もかもが順調だ。
 
 彼氏はいないけれど、それで困ったことはないし欲しいとも思っていない。
 むしろ、邪魔にしかならない。
 
 所謂「おひとりさまライフ」を満喫していて、不満もなければ、将来への不安もない。
 お金さえあれば、どうにでもなるのだから。
 
 不満があるとしたら「つまらない」ことなのだろう。
 
 何もかもが順調すぎて、本当につまらない。
 普通に仕事をしていれば、昇進もするし、お給料も上がる。
 
 家事は好きだから、自炊も掃除もきっちりしている。
 休みの日はスポーツジムに行って、買い物にもエステやネイルもする。
 
 私は楽しく生きているし、不満もない。
 ただ、不満がなさすぎて、充実しすぎていて、
 そのことを「つまらない」と感じるのだ。
 
 以前、そのことを友人に言ったら怪訝な顔をされて、そこから疎遠になった。
 後から考えたら、ただの自慢にしか聞こえなかったのだろう。
 
 それでも、充実した生活がつまらなくて仕方ない。
 寂しいわけでもないし、虚しいわけでもない。
 
 ただ、つまらないのだ。
 
 
 先日、上司に「貴女が来てから、大きなトラブルが無くなったのよ」と言われた。
 彼女いわく「広い視点で物事が見えるから、事前に気付くのよね」だそうだ。
 
 私は意識しているわけではない。
 ただ、普通に気付くから、そうしているだけ。
 
 私の世界も、周りも平和になっていく。
 けれど、私はつまらない。
 
 もっと、刺激のある生き方がしたいのに。
 臆病な私には、それができないのだ。
 
 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA