年に5回以上、風邪を引いていた私は親と縁を切ってから一度も風邪を引いていません。【毒親の話】【引きこもりワーク】

 

こんにちは。

いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。

私は「できないことが多い」から、「できることを頑張る」をモットーにして日々の生活を送っています。

発達障害、統合失調症のこともあり、

「できないこと」が「それなり」に多いのです。

車の運転、コミュニケーションなど対人関係にも支障があったりします。

主人いわく「あなただけに見えるものがある」らしく、

他者とは物事の捉え方が違うようなのです。

そんなわけで、とても生きづらいです。

ということで、引きこもりワークで楽しく生きています。

私の親は「周りと同じであること」を強要してきました。

運転もできないし、人と関わることが大きなストレスである私は、

それらを強要され、逆らえずに従うことで

心身に大きな不調を抱えていました。

我慢して、頑張って、努力して「親のいう普通」になるようにしていたのです。

主人と出会った頃は、精神的におかしくなっていました。

「できないこと」を「できるようにする」ために頑張って、無理をして、

色々と限界になっていた私を助けてくれたのが主人です。

親と縁を切る前の私は親のいう「普通」になるために無駄な努力をしていました。

ストレスからか、年に5回以上は風邪をひいていましたし、親と縁を切る前の半年くらいは拒食過食、嘔吐を繰り返し、徘徊までしていたのです。

主人は「かなりやばい状態だ」と焦っていたと後から聞かされました。

(徘徊については「内緒で靴にGPSをつけるつもりで、ネットで探していた」だそうです)

縁を切ってから、一度も風邪を引いていませんし、過食拒食も嘔吐もなくなり、徘徊もしなくなりました。

めっちゃ健康になり、引きこもりワークではありますが充実した日々を送っております。」

ストレスで免疫力が落ちるって言いますもんね〜。

 

 

どれだけ毒親がストレスになっていたか、自分の体が証明してくれましたね。

るい

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA