在宅ワークでも仕事をしていることに変わりはないのです。「頑張ってるな」と理解してくれているだけで本当にありがたいです。 

 

こんにちは。
 
いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。
 
 
私が住んでいる賃貸マンションは、
坂の途中?な位置にあります。
 
ゆえに、雨が続いても水害的なものはありません。
 
3階というのもあり、浸水は心配ないかなぁと思っています。
 
 
私は自宅で仕事をしていて、
気が向いた時に図書館やカフェに赴くので、
出勤という強制的な外出はありませんが。
 
それでも主人は出勤するので、
道路の冠水情報を調べて伝えています。
 
 
主人は子供の頃から住んでいる地域なので、
 
「ここが冠水してるなが、あそこら辺もやばいな」という判断ができるので、
ツイッターに流れている情報を見せています。
 
 
情報収集は私の方が得意なので、
そういった調べ物は私がしています。
 
適材適所というやつですね。
 
 
主人も、大雨の時に出かけなくても仕事ができる私を羨ましいとは思っているみたいですが、
私が「仕事」として1日中、iPadや書籍、ノートを開いてデスクに向かっている姿を知っているので、
羨ましいと思っても、それを仕事にしたいかどうかは違う話だそうです。
 
 
そう思うということは、
私が日々、頑張って仕事していることを理解してくれているということなので、
とても嬉しい限りです。
 
昔は「パソコンで遊んでいる」とか、
「怪しい仕事をしている」とか陰口を叩かれていましたし、
 
仕事の邪魔も散々されていたので、
家族が理解してくれているというのは、本当に嬉しいです。
 
 
正直、理解しようとしなくても、理解できなくてもいいから、
邪魔だけはしないでほしいというのが本音ですね。
 
陰口とかは無視していればいいのですが、
「暇そうだから」と、ボランティアの地域の仕事を持ち込まれるのが1番の迷惑でした。
 
父親が勝手に受けてきて
「よろしく」と言われて、私の意思でなくても一度受けたものを断れないので、
私の睡眠時間は格段に減って行き、それがスパイラル状態になるのです。
 
同じ家に住んでいて、
娘が毎日夜遅くまで仕事して、早朝からも仕事している姿を見ているのに
あの男は一体何を考えていたのでしょうね。
 
 
るい
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA