「毎日、手料理ですごいね」ではなく、出不精で「引きこもり生活」を満喫したいので料理スキルを磨いたのですよ。 

 

 

こんにちは。
 
いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。
 
今回は「食べたくて作るのではない」のお話です。
 
この日は急に「ミートソースが作りたい」という気分になりました。

 
 
「食べたい」ではなく「作りたい」なのです。
 
 
トマト缶は常備しているので、
そんな時も対応できます。
 
 
あとは、ツナコーン、カレイのバター焼き、トマトとキュウリの和物です。


 
 
普段はささっと作ることが多いのですが、
たまに欲のままに凝ったものを作ります。
 
まあ、料理は「気分が大事」です。
 
毎回、凝ったものを作るのは疲れるし、
材料費も光熱費も嵩みます。
 
 
たまに「誰かに作ってもらったもの」に対して文句を言う人がいますが、
 
「毎日、ご飯が用意されているだけで有難いと思え」と言いたいです。
 
 
手抜きの日もあるし、お惣菜や外食の日だってあるのは当然です。
 
 
今は女性も働くことが当然の時代で、
その中で家事と育児もあって、
 
そんな中で「毎日、ご飯を用意する」だけで、十分素晴らしいのです。
 
 
私は自宅で仕事をしているし、
出不精なので手料理が多いですが、
それでも「手抜きの日」がほとんどです。
 
むしろ、引きこもり生活を送るために料理スキルを磨いたのですよ。
 
 
るい
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA