本の紹介 / 漫画

懐かしの漫画を読んで時代は変化していくことを実感しました。【有閑倶楽部】

こんにちは。

いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。

 

今回は、漫画の紹介です。

 

一条ゆかり先生の「有閑倶楽部」

私は今まで読んだことはなかったのですが、主人の勧めで読みました。

主人はドラマ化した時に知った作品らしいです。

ちなみに、図書館で借りてきました。

 

図書館にも漫画はたくさんあるんですよ〜。

ただ、予約して用意してもララないと借りづらいかもしれません。

あと、最新作は予約がたくさん入っているので借りるまでに時間がかかります。

 

そんなわけで、有閑倶楽部を読破しようと借りてきました〜。

 

有閑倶楽部(11) 有閑伝説 (集英社文庫) [ 一条ゆかり ]

買うことも考えたのですが・・・。

折角、図書館にあるので借りてみようと思いまして。

 

【中古】 有閑倶楽部(19) りぼんマスコットC/一条ゆかり(著者) 【中古】afb

税金を払っているのですから、漫画以外もたくさん借りて払った税金を取り戻します。

1冊1000円の本を10冊読んだとして、10000円が返ってきたことになりますからね。

税金は絶対に払わなければなりませんが、別の方法とご都合主義と考え方次第で取り戻すことは可能なのです。

そして、めちゃくちゃに稼げるようになったら、もっとたくさん税金を納めて恩返しすれば良いのです。

 

あとは、返却するので家の中にものも増えません。

 

そんな考えのもと、有閑倶楽部を読破していきます!!

 

ドラマの方は、漫画を読み終えた後にレンタルしてみようかな思っています。

 

【中古】 有閑倶楽部 DVD−BOX /赤西仁,横山裕,田口淳之介,一条ゆかり(原作),山下康介(音楽) 【中古】afb

 

とりあえず、さっと読んだ感想ですが・・・。

「時代だねぇ」としか言いようがないくらいに、面白いです。

 

昭和の匂いのする女の私は「こういうの懐かしいノリだなぁ」と嬉しくなります。

読破するのが楽しみです。

 

泪ーruiー

 

投稿者

rui@rui-world.net
主婦です。 気ままに活動しています。