本の紹介 / 漫画

女という生き物は独身アラサーになると「我が道を行く」ことに戸惑いはないのです。

 

 こんにちは。いつもブログを読んでくださり、ありがとうございます。
 今回は漫画を紹介させていただきます。ネットで公開されているのでご存じの方も多いと思いますが、あえてのコミックです。

 

 

「サチコと神ねこ様」という四コマ漫画です!ネット公開されているので全部読んだことがあったのですが、主人に勧めるためにコミックを購入しました。現在4巻まで出ているのですが、本屋に1、3、4巻しかなくて2巻が抜けていたので、とりあえず1巻だけ購入しました。全巻あれば一気に買ったのに…!
 主人に読ませたところ、ツッコミして爆笑してと忙しそうにしていたので私は満足です。私の好きなキャラクター「尾崎」は1巻には登場しないので、早く2巻以降を買って主人に尾崎というキャラクターの素晴らしさをわかってもらいたいのですが…。

 

 「サチコと神ねこ様」のオススメなところは、サチコのバッサリとした物言いですね。わが道を突き進み言いたいことはキッパリと言うところが好きです。これが尾崎が出てきたり、カズユキが出てくると少し違った面が見え始めるのですが…。そんなサチコに「わかる~」と共感するのです。まあ、私も人付き合いは苦手で、我が道を突き進むタイプなので…サチコと似ているところがあるのかもしれませんね。

 

 私はアラサーで結婚していますが、実際には「もう、このまま独身でいこう。そのために仕事も収入面でも考えていかなくては」と仕事に精を出し、副業をはじめ「1人で生きていくための覚悟を決め、そのための準備をしていた」のです。そんな「我が道をバリバリ進んでいる」ときに主人と出会って結婚しているので、人生なにがあるかわかりませんね。
 
泪-rui-

 

サチコと神ねこ様 1 (フィールコミックス) [ wako ]

サチコと神ねこ様 2 (フィールコミックス) [ wako ]

 

投稿者

rui@rui-world.net
主婦です。 気ままに活動しています。