日々のこと。

大人が楽しそうに働いて笑って暮らしているのが最高の社会貢献です。④

 

③へ

 

 いつも前向きで年をとっても努力を続けていて、なにがあってもなんなくこなし楽しそうに生きている大人なんて、ただの理想なのかもしれません。けれど、理想をもって突き進んでいかなければ人生も世の中もよくなりません。ただ暗くなっていくだけです。たとえ理想がかなわなくても理想に向かって頑張ることは大切です。理想はかなわないと諦めて暗い顔で生きていくよりも、かなえるために頑張っている大人のほうが輝いています。
 子どもたちが憧れるのは、暗い大人と楽しんでいる大人のどちらでしょうか。私はキラキラした大人でありたいし、おばあちゃんになってもキラキラしていたいです。常に一回りも二回りも年下の子たちから「私もあの年になったら、あの人のように楽しく生きたい」と思われるように生きたいのですよ。
 だからこそ、年配者の役割は「どんなことがあっても、培った知識やスキルで解決し、人生を楽しんでいることを若者に見せつけること」だと考えているわけです。
 
 ちなみに主人にこの話をしたところ、「それもわかるけど」と前置きされて、「社会人にとっての社会貢献は税金をしっかり納めることだよ」ときっぱり言われました。まあ、それも事実です。
 
泪-rui-
 

こちらの記事をはじめから読まれる方はこちらから。

 

投稿者

rui@rui-world.net
主婦です。 気ままに活動しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA