日々のこと。

「売る側」と「買う側」はお互い様の関係なのだから「レジハラ」は筋も道理も通っていない。④

 

③へ

 

 もしスーパーやコンビニの店員にイライラをぶつけたくなった時には、「もしこのお店がなくなったら…」と考えてみてください。それでもイライラが収まらなかったら「もしこの世からスーパーやコンビニがなくなったら」とも考えてください。
 私はいつも利用させていただいている近所のスーパーやコンビニがなくなったら困ります。確かに少し車で移動すればいくらでもスーパーやコンビニはありますが、やはり「家から近い」ことがかなりの利点なのです。正直な話、家から近いことでかなり助かっていますし、楽をさせてもらっています。
 「物を売る側」「買う側」もお互いのメリットがあって「ウィンウィンの関係」ということを、少し考えればわかることであり、どちらかが偉いなんてことは筋が通りません。品物だけでなく外食などすべてに言えることですが、私たちは「手間をお金で買っている」だけです。仕入れの手間、調理の手間を代わりにやってくれたことに対してのお金を払っているだけなのです。
 「お金を払っているんだから、お客が偉い」というのは大きな勘違いです。「私の代わりに手間をかけてくれてありがとう」が正しいと私は信じています。
 
泪-rui-

 

こちらの記事をはじめから読まれる方はこちらから。

 

投稿者

rui@rui-world.net
主婦です。 気ままに活動しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA