閉じる

給料が高校生並みな会社だったけど、そこには私にとっての利用価値があったのです。 ②

 

①へ

 私は昔から「文章を書く」ことが好きでそれを副業の基盤にしていたのです。正社員の仕事は「介護職」であり人生経験豊富な方たちから様々なお話を聞くことができました。デイサービスだったので昼間だけしかありませんから、夜や朝は自由に時間が使えましたね。はっきりと言えば「ブラック企業」であり「飼い殺し」をしているような会社ではあったのですが、人生経験豊富な利用者の方からのお話がブログや小説を書くための「ネタ」になるので副業で稼げるようになっても完全に辞める気はありませんでした。まあ、正社員で働いていても「高校生ですか?」というお給料だったのですが私は副業があって他の従業員の倍は稼いでいたので特に問題はありませんでした。正社員である介護の仕事は人生の大先輩である80代90代の利用者さんたちから実のある話を聞くためだけにしていたようなものです。

 

次へ

 

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 泪の雫 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.