閉じる

相手に威圧感を与えてしまう風貌なので「危ないな」と思っても声をかけるのに戸惑いを感じます。④

③へ

 

 こういうとき自分の見た目とか眼光が「柄が悪く見える」とか「怖い印象を与える」いうのは考え物です。身長も高く背筋を伸ばして堂々と歩くように意識していてそれが癖になっているので余計に威圧感を与えてしまうのですよね。マスク、眼鏡、帽子、黒のカーディガンは身体の関係で仕方ないとしても、初対面の人にもう少しだけでも柔らかい印象を与えることができたらなぁとは思います。
 もちろん自分のこの見た目が嫌いではないし堂々としている自分のことは好きです。それでも「相手に威圧感を与えている」ということは自覚しているので、「この子、リュック全開で危ないわ。声かけてあげなきゃ」という状況になったときに少し迷ってしまうのです。
 
泪-rui-

 

こちらの記事をはじめから読まれる方はこちらから。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 泪の雫 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.