閉じる

相手に威圧感を与えてしまう風貌なので「危ないな」と思っても声をかけるのに戸惑いを感じます。③

 

②へ

 私自身もマスクと帽子と眼鏡という殆ど顔の見えない状態なのが声を掛けずらかった原因なのですが、これは目が光りに弱いので帽子を被らないと店内の光がつらいという事情があるし、コロナ禍の事情によりマスクは絶対にしなくてはいけないのでどうしようもないのです。
 最近は若い女の子に声をかける変な人も多いということもありリュックが全開になっているとかで声をかけてあげたいと思ってもいろいろ考えてしまいますよね。ただ昨日の女の子のリュックは中身が丸見えすぎてなにかを盗まれても、なにかを入れられても可笑しくないくらいだったので、いろいろ考えずに声を掛けてあげればよかったなと後悔しています。

 

次へ

 

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 泪の雫 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.