閉じる

相手に威圧感を与えてしまう風貌なので「危ないな」と思っても声をかけるのに戸惑いを感じます。②

 

①へ

 

 声を掛けようとしたとき自分の今の身なりを思い出しました。特別に変な格好をしていたわけではないのですが…。赤いTシャツに黒のパンツで黒の長めのカーディガンを羽織った黒多めの服装に、帽子とマスクと眼鏡で殆ど顔の見えない格好です。あとは、視力が極端に悪いので目つきも悪くなってしまうので、こんなのにいきなり声を掛けられたらビックリするし怪しまれるかな…という気持ちが湧いてきてしまいました。
 そんなことを考えているうちに女の子2人組は遠ざかったいくのです。というわけで声を掛けることはできませんでした。リュックが全開で中身が丸見えなのでいろいろ危険ではあるので本当はちゃんと言ってあげたほうがよかったのですが、私自身の事情(?)でいろいろ考えすぎて放置してしまいました。

 

次へ

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 泪の雫 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.