閉じる

自分がオタクなのに彼氏がオタクは嫌だし隠していると言うのはストレスが溜まりそうだ。④

 

③へ

 

 オタクである私から言わせれば「好きなことを我慢しなくてはいけない相手」とは結婚はもちろん交際もしたくありません。別に肯定してくれなくてもいいのです。「ふーん」と流してくれてもいいので否定しなければそれでいいのです。
 結婚するとお金の使い道についても話し合わなければなりませんが、2人で「ここまでなら好きに使ったOK」と決めていればもめ事にはなりません。というか、オタクの結婚に関してはその折り合いが付けられなければ結婚生活は成り立ちませんし、厳しいことを言えば結婚を諦めたほうがいいかもしれません。たとえ莫大な収入があったとしてもお互いに不満がないようにするべきだと思っています。子どもの将来とか自分たちの老後とかいろいろありますからね。
 どちらか片方だけ好き放題に好きなものを買っているというのも揉め事の要因になりますからね。
 
泪-rui-
 

こちらの記事をはじめから読まれる方はこちらから。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 泪の雫 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.