閉じる

お盆になると祖父母のことを思い出すし、たぶんヘビになって様子を見に来てくれているのです。 ③

 

②へ

 

 祖父が「蛇年」だったからなのか…。実家にいる頃の私は頻繁に「大蛇に体を締め付けられる夢」を見ていました。主人と結婚してからは一切見なくなりましたが…。大蛇の夢も祖父が「早くここ(実家)から逃げなさい」と告げていたのかもしれませんね。
 実家と縁を切っていて仏壇もなくお墓参りもできないのですが、お盆やお彼岸になると祖父や祖母の気配を感じるのでなんだか嬉しいです。それだけまだまだ私が心配をかけているということかもしれません。これからも私は私なりに一生懸命生きていきます。
 祖父母の気配を感じると「私のところに来てくれるのは嬉しいけどさ!一応、仏壇とお墓のある実家にも行きなよ!自分の息子たちがいるんだからさ!いや、行きたくないし会いたくないのはわかるけどさ!」と思います。自分で言うのはなんですが祖父母は私以外の親族(息子たち含む)を嫌っていましたからね。結局はお金をせびる人たちですから。私は昔から「自分の稼いだお金にしか興味がない」ので、ことあるごとに祖父母からもらったお金は介護用品とか祖父母の食べ物とかに使っていたので祖父母はそれを知っていたのでしょう。だって息子である父も嫁である母もなにもしないし、そのころの私はお金がなかったから祖父母に必要なものを自分の稼ぎから買うなんてできなかったし…。
 思い返すと祖父母に「だから!お金は充分に貰ってるから足りてるの!この間もらったのが余ってるからいらないって言ってるでしょ!!」とかなりキツク言ったことを後悔しております。若くて知識が足りなかったとはいえもう少し言い方があったし、貰っておいて違う方法で管理して祖父母のために使うことだってできたかなぁと。あとお金を渡されるときに嫌悪感がメチャクチャ出ていたのも自覚しております。すぐ顔に出るんですよ。
 
 お盆になると祖父母のことを思い出すのでした。
 
泪-rui-
 

こちらの記事をはじめから読まれる方はこちらから。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 泪の雫 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.