閉じる

お盆になると祖父母のことを思い出すし、たぶんヘビになって様子を見に来てくれているのです。 ①

 

 お盆の季節がやってまいりました。私は毒親、毒家庭ですでに縁を切っているので実家参りもないしお墓参りも行けないので特別なことはなにもなく過ごしております。祖父母がいなかったら生きていなかったかもしれないし大好きな人たちだったのでお墓参りには行きたいという気持ちはあるのですが…お墓が実家のすぐそばにあるので行けないのですよね…。行くとしたら深夜に行くしかないのですが、それで怪しまれて通報されても困るので控えております。なのでお墓のある方角を向いて手だけ合わせて祖父母に「行けなくてごめんねぇ」と呟くことが毎年恒例となっていたりするのです。
 実家にいるころからなのですが、お盆になると私のところに虫がまとわりつきます。お盆は先祖が虫になって帰ってくるので殺してはいけないと言いますからね。お盆に集まった親族からは「先祖はおまえのところにしか寄ってこない」なんて冗談で言われていましたね。実家と縁を切った今でもお盆になると虫が寄ってきます。この虫がご先祖様であるならばとても嬉しいことなのですが、どうしても疑問が残るのです。

 

次へ

 

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 泪の雫 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.