閉じる

女性の社会進出はできる人だけすればいいのです。女性にはいろいろあるのですよ。

 

 今日はなんだか調子がいいのです。こんなに調子がいいのは久しぶりな気がします。女性はホルモンバランスの関係で1か月単位で情緒の乱れがあるものなのですが、自分ではどうしようもない部分もあるので上手に付き合うしかないと私は思っています。我が家では嫁の生理管理を主人もしています。主人のスマホに生理管理アプリが入っており嫁の生理予定を把握しているのです。これには重要な理由がありまして。私はホルモンバランスによって情緒不安定になり生理前になるとイライラしたり怠くて動けなくなったりします。ネット記事で目にするのは「男性は、女性のそういう変化に疎くいきなりイライラしたりすることに対応できていない」というものです。
 私自身、生理前やホルモンバランスの乱れでかなり情緒が乱れることを自覚していて迷惑をかけていることも理解しているので、いっそのこと主人に把握しておいてもらおうと考えました。そうすれば主人も「そろそろホルモンバランスが乱れてくる時期だな」と把握ができて心の準備ができるだろうという思惑なのですが、そのおかげで主人も助かっているようです。
 身体が怠くて家事や夕飯の準備ができなくても主人が事前に「そろそろ時期だな」とわかってくれているので、多少のサボりは大目にみてくれますし夕飯が手抜きになっても文句はありません。ときには貧血で動けないときもあるので、そういうときはお弁当をテイクアウトしてきてくれます。
 「甘えすぎ」と言われてしまうかもしれませんが、人によって生理は月に1度の苦痛です。血圧は下がりお腹は痛くなるし身体も怠くて動くのも億劫になる人がいることを忘れないでくださいね。同じ女性でも「生理を理由にしてサボっているだけ」と批判される方がいるのも理解しています。私も実際に言われたことがあります。しかし、顔だけでなく唇まで真っ青になっているのに、それでも無理をして家事をしろというのもどうかと思います。私はその状態で夕飯を作ろうとして主人に怒られました。
 生理管理アプリを確認しながら事前に料理を作りだめて冷凍しておいたりなど動けなくなってもなんとかできるように工夫したりもしています。そうすれば解凍するだけなので主人に任せることができますからね。
 
 私は主婦をしながら在宅で自分のペースで仕事をしているのは生理周期でホルモンバランスが乱れてしまうからというのも理由の1つです。会社員として働いているときはかなりキツクて産婦人科に相談して低用量ピルを飲もうかとも考えました。友だちにホルモンバランスの乱れが酷くて社会生活に支障が出すぎて低用量ピルを飲んでいる子がいたのでいろいろ聞いたりしていましたね。
 正直な話をすれば私は女性の社会進出は全体的に考えても難しいのかなと思っています。もちろん生理が軽い方もいますから余裕で可能な方がいることも確かですが…。私のようにホルモンバランスが乱れやすくて生理痛もひどく鎮痛剤を多用しながら仕事をしたり、中には低用量ピルを飲みながらも仕事をしている子もいます。正直なところ「そこまでして女性は働かなくてはいけないのか…」と思ってしまうところもあります。パートくらいならなんとかなってもフルタイムの正社員で働くことは私にはキツイかな、といったところです。もちろん「ただの甘え」という捉える方も多いのは事実です。今は女性も働き、結婚してからも働くことが普通とされる時代ですからね。
 結婚している女性に勧める働き方は「男はサラリーマン」「女は在宅ワーク」だと考えています。今はネットを活用して稼ぐことができます。ネットビジネスは稼げるようになるまで長い時間がかかりますから、初めのうちはメインで稼ぐのは男性であっても、女性が頑張ればパート並みやそれ以上稼げるようになります。確かに長い目で見ないと収入にはならないところはありますが、生理が重かったりホルモンバランスの乱れが酷い女性にとってはベストな働き方ではないでしょうか。
 それぞれの家庭でベストなスタイルは違うのでしょうけれど、我が家ではこれがベストという結論が出ています。主人は家を守って、待っていてくれる人を求めていました。私は在宅で体調を考慮しながら自分のペースで仕事をしたいと考えていたので利害が一致したわけです。
 人はそれぞれですし、家庭もそれぞれですから我が家のスタイルがすべての人に合うわけではないです。それでも大切なことは夫婦で話し合ってスタイルを決めていくことではないでしょうか。金銭的なことだけではなく、お互いの体のことも考慮して「我が家にとってのベスト」を話し合って決めることが一番です。無理をしたとことで意味がないですし、身体を壊しては元も子もありません。
 
泪-rui-
 

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 泪の雫 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.