ほけほけ私論No.4 ONE PIECE FILM RED

ほけほけ私論 No.4

 

 

 

映画感想です。

 

ONE PIECE FILM RED

 

 

一言で言うならば、 「凄かった」

語彙力を無くして語ります。

アクションシーンは えげつないほど

かっこいい

「シャンクス、カッケー!」 

「ヤソップ、 好き!!」 

「やっぱ、お前がいなきゃだよ! ウソップ、素敵すぎるぜ!」

 

 

麦わら海賊団、赤髪海賊団、ローもバルトロメオも、

お前ら、いい加減にしろ。

(訳 ・カッコ良すぎて、 心臓がもたない)

Adoさんの楽曲は観る前から 口づさめるほどに聞き込んでいました。 

 

 

「映像付きで観るの楽しみだな〜」と 軽く考えていたら

 

スクリーンの迫力とストーリーに ウタちゃんの心理描写が合わさって、ヤバかった。

 

 

個人的には「逆光」のシーンで 涙が出てきて 

ウタちゃんの気持ちが痛くて 私がつらくなりました。

ライブ感溢れる映像で

Adoさんの感情が伝わる歌声も 

ウタちゃんの心がダイレクトに 伝わってきて

抱きしめたくなりました。 

 

 

楽曲を事前に聞き込んでいたので 「その歌の本当の意味」が 映画を観ることによって 突き刺さったのです。

 

 

2022.9 発行者 るい

 

 

※画像はパンフレット、 入場特典より

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA