実は転職したことを主人の兄弟に言っていなかったりします。

こんにちは。

いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。

8月末に主人の退職金が振り込まれました〜。

まあ、特別に何か買うとか使う予定はないので、

そのまま貯金しておきますが。

 

単純に転職して、研修期間は昼間だけだったので、

お給料も通常より少なめなので、

まあ、無駄遣いはしないでおこうと言うことです。

お金はどれだけあっても「有限」なので、

気を引き締めなくてはなりません。

 

お金はなくても困るし、

あっても怖いと思ってしまうのは、

私が小心者だからでしょうか。

実を言うと、

転職したことを主人の兄弟全ての報告してなかったりします。

信用できる兄嫁にば言ってありますが。

主人からは、

「めんどくさいし、退職金にたかってきそうだから、言わない」と断言されてます。

まあ、親族であろうと、兄弟、親であろうと、

信用できない人は存在するのです。

私としては「いつ、バレるかなぁ」とは思ってます。

理由としては、主人の姉の同級生が前の会社の事務員だったので。

特に交流はないみたいなので、可能性はゼロに近いですが。

ちなみに、新居に引っ越した時も、

姉に住所を聞かれた主人が、

「なんで、教える必要がある?」と突っぱねてました。

それまで、姉に対して金銭的な負担もしていたし、

私も主人も「いい加減にしろよ」と思っていて、

徐々に疎遠にしていく計画であり、

完全に突き放したのが、新居に移ったタイミングだったのです。

結婚当時から主人と2人で姉への援助を打ち切る計画を立てていて、

「急に突き放すと、めんどくさいことになる」ので、

徐々に距離を置いて、援助を減らしていき、タイミングを見て全部ぶった斬る、と言うことにしていました。

援助している時は、私もイライラしたし、

金銭的にきつい時もありましたが、

現在は、何もないのでスッキリ生きています。

結果的に言えば、

援助していたことを義姉の周りの人間は知っていたし、

打ち切ったことに対して、私たち夫婦を悪く言いまくって

「お前が、いい加減にしろ」と逆に怒られたみたいです。

結婚当初にいきなり援助を打ち切っていたら、

うまくはいかなかったかもしれません。

我慢と計画の勝利です。

るい

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA