脳の衰えを回復させるために頑張った【燃え尽き症候群から脱却するために】 (5/5)

(4/5ページへ)

「燃え尽き症候群」が原因で衰えてしまった脳を回復させるために、
ひたすらに文字を書いていました。
 
 
初めは大変でしたが、慣れてきたからは本を読んだり、
新しいことを勉強することができるようになり、
気持ちにも余裕が生まれたのです。
 
 
運動にも力を入れて、
生活や仕事が充実して、毎日が楽しくなりました。
 
 
今は「書くこと」「勉強すること」の感覚が戻ってきて、
新しいステージに進むことにしたのです。
 
 
人間の脳は使わないと衰えますが、
回復のために頑張れば、なんとかなるのだと実感しました。
 
 
ここまでくるのに1年です。
 
 
あのまま、燃え尽き症候群を自覚できずに過ごしていたと思うとゾッとします。
 
 
それでも、この2年は私に必要だったのでしょう。
 
いわゆるリセット期間です。
 
 
そんなことがあって、エッセイ「平々凡々」は大きく変わります。
 
 
更新ペースは落ちるかもしれません。
 
 
過去の記事を読み返すと、
「短くてわかりにくい」とか「クソだな」と思います。
 
 
内容も深くなり、読みやすさを心がけて丁寧に書かせていただきますので、
楽しみにしていてください。
 
 
るい
 

【燃え尽き症候群を脱却するために】を始めから読む

アルファポリスでも公開しています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA