軟禁生活は強制されたら嫌だけど、自主的なら快適。

  
こんにちは。
 
いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。
 
 
縁を切った親の元に戻ったら軟禁されると思っている私です。
 
 
しかし、今も軟禁されていると疑われても
「あー」と思ってしまうような生活をしています。
 
 
私は「自主的軟禁生活」と呼んでいるのです。
 
 
まあ、引きこもりワークなので外出する必要もないし、
玄関から出ることすら嫌なくらいなので、
完全に私の意志で軟禁生活なので問題ありません。
 
 
家事も仕事も運動も全部家の中で済んでしまうし、
買い物も主人が仕事帰りにしてきてくれるので、
気をつけていないと1週間玄関から出ていないなんてことにもなります。
 
 
彼の休みには連れ出されているので外出はしてます。
 
 
それでも、1日忙しなく活動しているので暇ではないです。
 
 
むしろ主人は、
「たまにはバスで図書館行けば?」とか、
「出かけたくなったら、行ってきていいんだよ」と言ってくれます。
 
連絡をしておけば迎えにきてくれるので、
私が行くだけで、どこかでフラフラしていれば良いのです。
 
 
自分の意思で「1人でフラフラしたい」と思って、
行動に移して主人をびっくりさせるのは年に1回くらいですね。
 
 
あと徒歩で行けるところに喫茶店が建設中なので、
主人から「徒歩10分くらいでこのルートで行ける」とか、
「結構広いみたいだからワークスペースとしていいかもしれない」とか、
「週に1回くらいどう?」とかアピールをされています。
 
うん、なんか色々ごめんなさい。
 
 
るい
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA