なぜ、認めることをせずに否定するのか。

 
こんにちは。
 
いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。
 
 
私の欠点の話をしましょう。
 
 
それは、人に惑わされやすいことです。
 
というか、否定されると自信を無くします。
 
 
自分のしていることが正しいことであっても、
他人から「それは、おかしい」「変だ」と言われと、
「そうなのか」と思ってしまうのです。
 
 
とは言っても、
私が正しいと思ってしていることは、
いつも結果として成果が出ているし、
自分自身も充実していて元気になります。
 
 
昔は人から「おかしい」と言われると、
「そうなのか」と辞めてしまいました。
 
 
大人になってからは、
「私、間違ってなくね?」と気づいて
否定の言葉を無視するように努めたのです。
 
 
家業を手伝っていた頃は、
それd売り上げがバンバン伸びていました。
 
 
しかし、親からも「お前はおかしい」と言われるようになり、逃げたのです。
 
 
主人からが「それは、あなたが怖かっただけ」と言われました。
 
 
自分が正しいと思うことをひたすらに努力し、
結果を出して、それ以上に成長しようとする私に、
周囲は「畏怖」を抱いていたらしいのです。
 
それで否定していたとのことでした。
 
 
つまりは、嫉妬とか妬みですね。
 
 
るい
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA