燃え尽き症候群と変化した家事

 
こんにちは。
 
いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。
 
 
最近は、私の仕事がかなり捗っているので、
食事作りが少し変わってきました。
 
 
毒親とバトルしながら生きてきて、
縁を切ったことにより「燃え尽き症候群」だったのが、
かなり良くなってきたのです。
 
 
燃え尽き症候群を自覚した途端に、
一気にやる気が戻ってきました。
 
執筆が捗るので、
かなり充実した生活です。
 
 
前まではモヤモヤすると料理や掃除に逃げていてので、
お仕事が楽しくなって、家事に手を抜けるようになりました。
 
 
そんなわけで、作るメニューも変わったのです。
 
 
今は電気圧力鍋を買ったので、
それで野菜盛りだくさんのスープを作って、
あとは軽くフライパン1つでできるものとか、
浅漬け、塩昆布漬け、酢の物などを
ポリ袋を利用してサクッと作っています。
 
 
凝ったものを作るのは、休日の暇な時です。
 
 
自分が燃え尽き症候群になっていることに気づくまで2年かかりました。
 
その間にも仕事はしていたものの、
以前のようなモチベーションが出ず、
モヤモヤしていました。
 
自覚してからは「あーなるほどー」隣、
昔のようなやる気が戻ってきたのです。
 
 
家は前よりも散らかっていますが、
お仕事が大事なので、よしとします。
 
 
るい
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA