自己啓発本は信じすぎてもダメですよ。

 
こんにちは。
 
いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。
 
 
マイナスワードとして「疲れた」があり、
私もなるべく言わないように心がけてはいますが、
 
どうしても言いたくなる時があるのです。
 
 
まあ、人間は怠惰な生き物でもあるので
仕方ないとは思っていますね。
 
どんなに「頑張ろう」「老化を言い訳にしたくない」と思って邁進していても、
人間なので、そういう時だってあるのです。
 
 
自己啓発の本とかで、
「こうすれば、人生が良くなる!」というものはあるけれど、
 
それが完璧にできるわけがないので、
「それなりにやればいい」くらいに考えて実行しています。
 
 
無理に感情を押し殺して、
本の通りに実行して、
 
己の負の感情を我慢していくと、
次第に心がぶっ壊れていくのです。
 
はっきりと言えば、経験談ですね。
 
 
弱音を吐いてもいいし、
疲れたって言いたい時は、叫んでいいし、
落ち込むときは、好きなだけ落ち込めばいいのですよ。
 
そうした後で「また頑張ろう」ってなればいいと思ってます。
 
 
本に書かれていることを信じて突き進むのもいいことだけど、
信じすぎてもダメです。
 
 
るい
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA