泣き寝入りをしているのではなく、実害がないから放置しているだけです。

 
こんにちは。
 
いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。
 
 
私は「飴と鞭」で言ったら「飴タイプ」なのだと思います。
 
 
大体のことは笑って受け流せるし、
「やりたいように、やってみな」と言ってしまうので、
自分でも寛容なのでは?と思っているのです。
 
 
嫌味も悪口も、陰口も、
「まあ、人それぞれ考え方は違うからね」
「私の考えは分からなくても仕方ないか」
「勝手に言わせておけばいいか」
「私は私のことに集中しよう」となるので、
 
特に気にしてはいません。
 
 
受け流しているだけであり、
自分のことを優先しているだけなので、
ストレスではありますが、
実害があるわけでは無いので、放置しています。
 
 
ただ、実害があったときや、
ある一定のラインを超えたときは、
相手を合法的に徹底的に潰しにかかります。
 
 
予告も忠告もしません。
各種手続きをして、合法的に対応するのです。
 
 
たまに私が何も言わずに放置しているから、
泣き寝入りしていると勘違いして、
実害を与えてくる輩がいるのですよ。
 
 
今まで放置してきたことも、
証拠や記録を残して、きっちり保存してあるので、
いざというときに役に立つのです。
 
 
単純な話、
「飴な人間ほど、怒らせると怖い」ってことでしょう。
 
 
これを実際にやられたのが、
私の実の両親ですね。
 
 
るい
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA