器用貧乏の度がすぎる人はフリーランス向きだと思う。

 
こんにちは。
 
いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。
 
 
私は自分のことを「器用貧乏」だと思っています。
 
広く浅く、オールマイティにある程度のことはできますが、
そこに付け込まれて、人に利用されてきました。
 
 
実家でも、勤めていた会社でも、そんな感じです。
 
 
それが長い間続いて疲れてしまい、
次第に病みました。
 
その頃に主人と出会い、結婚して、
いろんなものから逃げました。
 
 
おかげで今はマイペースに
自分のスキルを自分のために使って生活しています。
 
 
主人も私と同じ器用貧乏タイプなので、
理解もあったのですよ。
 
 
彼は「家を守ってくれればいい」
「帰ったときに、迎えてくれればいい」と言ってくれます。
 
 
私は女なので、
結婚して「自由業」として、
好きなように仕事して家事をして、
人と関わることもなく、
マイペースに生きることはできます。
 
 
それでも、男性は難しいのだと思います。
 
主人も他の器用貧乏仲間の男性たちは、
「家のローンとかあるから、家庭内の安定収入は捨てられない」と言っています。
 
そんな彼らを見ていると、
「フリーランスに向いてるんだけどなぁ」と思うのですが、
無責任なことは言えないので、眺めるだけです。
 
器用貧乏の度がすぎる人って、
フリーランス向きなんですよねぇ。
 
 
るい
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA