お金がなくて新しい服を買えないのではなく「出かけるのめんどくせぇな」と色褪せてもボロくなっても着続けるんだよ。


 
こんにちは。
 
いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。
 
 
数日したら、住んでいる集合住宅の「断水」があります。
浄化槽の掃除をするらしく、午前中の数時間の断水です。
 
もちろん平日の昼間に行われるもので、
普通に勤めている方や、学生たちにはほとんど関係がないものなのですが、
私は自宅で仕事をする「引きこもりワーク」なので、
その時間、どうしようかなと考えていますね。
 
飲み物はどうにかなるけど、
トイレも使えないし、どこかに出かけようと思っているのですが、
「どこに行こうかな」と。
 
平日なので、どこに行っても人は少ないので、
逆に迷ってしまいます。
 
カラオケにでも行こうか、
銭湯にでも行くか、
ショッピングモールに買い物に行こうか。
 
それとも気分を変えて仕事しにファミレスやカフェでも行こうか、など
候補がありすぎて、困ります。
 
 
いつも「自宅で仕事する」のが大前提で、
気分が乗った時に思いつくままに外出するので
断水などで「出かけた方がいいよな〜」となると、本気で悩むのです。
 
ここまで悩んでしまうと、
「多少の不便はあるけど、家にいようかな」とも思います。
 
主人は「滅多にない機会だから、1人でゆっくり外出しなさい」と半ば強制的です。
こんなことでもないと、私が外に出ないとわかっているからでしょう。
 
私が自らの意思で1人で外出することは、
半年に1度あるかないかなので、彼としては「行け」という気持ちみたいです。
 
実際には外出の機会は多いのですが、
それらは主人が「行くぞ!」と連れて行ったり、
「仕事終わりに待ち合わせで買い物を」というくらいです。
(冷蔵庫類が3つあって、日用品も買いだめなので回数は多くない)
 
服とかも「買いに行くの面倒だなぁ」と
どれだけ色褪せてもぼろぼろでも着続けてしまうので、
定期的に主人にショッピングモールに連行されます。
 
まあ、買い物は好きだし、
新しい服はテンションが上がるし、
エスニックファッションが大好きなので、
ショッピングモールに行きさえすれば、嬉々としているし楽しいです。
 
ここ最近は月に1度、私の大好きなエスニックのテナントが入っているモールへ連れて行かれるようになり、
「綺麗な状態の服」が増えました。
主人は「連れていきさえすれば、嬉々として買い物するのだ」と学習したようです。
 
 
周囲から誤解を受けていたのですが、
私は「お金がない」から色褪せてぼろぼろの服を着続けているのではなく、
「買いに行くのが、めんどくさい」から、なかなか買わないし、
「大好きなエスニックはネット購入は嫌、実際に見たい」
「というか、通販が届くこと自体がめんどくさい」という、
自分でも「なんという傍若無人だ!」と呆れるくらいの理由で、新しい服を買わないのです。
 
あとは、「混んでいる土日に行きたくない」「空いている平日の昼間しか行かない」のもあって、
行く機会をどんどん失って行きます。
 
結婚して数年、
主人は私の扱い方を熟知してきたので、
外への連れ出し方が巧妙になってきました。
(家から出なくても仕事はしているし、文句を言わせないために家事はきっちりやっているので)
(引きこもりワークの大前提は「家族に文句を言わせない状況を自ら作り上げる」です)
 
 
基本的に「玄関から出るのも億劫」です。
それで「引きこもりワーク」を頑張っているわけですよ。
 
まあ、ウォーキングはしてますが
「行くぞ!」とかなり気合を入れて玄関から出ているので、
当然のごとく「今日は気合が入らないから、室内運動にする」という日も多々あります。
 
 
そんな私なので、断水であっても家にいたい気持ちが大きいのですが、
主人から「出かけろ」という強い圧を感じているので、かなり悩んでおります。
 
 
なんか、私がワガママなのかとも思いますが、
仕事も家事もきちんとしているし、ワガママとは少し違う気もするんですよね〜。
かといって、主人の気持ちもわかるし、
自分の意思では出かける選択をしない私も、強引に連れ出してくれることに感謝はしているし。
 
「出かけんのめんどくさいから、あんたが服を買ってこいよ」だとワガママだと思うけど、
「出かけるのめんどくさいし、色褪せてボロくても着れるからいいや」はわがままとは微妙に違うのかな、と。
 
 
まあ、主人には「あーたが特殊思考の変わり者なだけだよ!」と言われて終わるのが目に見えておりますが。
 
 
るい
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA