自分に合った睡眠スタイルは色々試して自分で見つけるしかない。


 
こんにちは。
 
いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。
 
 
仕事で朝早い主人に合わせて、
朝4時に起き、主人を送り出し、
朝活をして、6時半から朝家事をして、また仕事をして、
お昼頃から仮眠を取るのが私の日課です。
 
目覚ましはかけずに、自然に起きるようにしていますが、
たまにびっくりするくらいの時間に起きます。
 
先日は、12時に寝入って、15時過ぎに起きました。
3時間も寝ていたのですね〜。
 
いつもは1時間〜2時間で起きているのですが、
きっと無意識に疲れが溜まっていたのでしょう。
 
 
家事を全て引き受けて、在宅ワークしているので、
時間は自由に調整できるので、問題はないのですが、
流石に3時間もお昼寝をしたことにはびっくりしました。
 
おかげで、かなりスッキリしましたけどね。
 
お昼寝から目覚めたら、またお仕事タイムです。
そして、主人からの「帰るよコール」があったら、食事の準備を始めます。
 
 
私は発達障害を持っているので、
睡眠の確保がとても大事なので「眠い時は寝る」を心がけています。
 
睡眠に時間をとった分、
お仕事は短い時間にがっつりしています。
 
実際に「少し眠いな〜」「ぼーっとするなぁ」と思いながら仕事をするよりも、
「寝るか!」とがっつり寝た後の方が捗りますし、同じことが短い時間でできます。
 
昼寝してもしなくても、
業務内容にさして変わりがありません。
 
というか、お昼寝した方が逆に多くのことができています。
 
 
テレビや雑誌など、
さまざまなメディアで睡眠時間について「こうした方がいい」と伝えていますが、
実際には「自分がベストの状態で仕事ができる」「一番、効率が上がる状態」を、
色々試しながら、見つけていくしかないのです。
 
 
るい

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA