ノリノリで執筆しているときに「帰るよ〜」と電話が来るとモヤっとするけど、彼は何も悪くないのです。 

 

こんにちは。
 
いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。
 
 
私は図書館で執筆していることが多いです。
 
そして、主人は早朝出勤なので14時に帰宅するのが定時です。
 
 
基本的に、図書館からの帰りは仕事帰りの主人に拾ってもらいます。
 
残業も多いので、午後3時とか4時になることも多いです。
 
 
その間、私は図書館で執筆したり、本を読んだり色々しています。
 
 
しかし、
なぜか私が午後に図書館にいるときに限って、
定時上がりが多いのです。
 
もしくは残業しても30分とかですかね。
 
 
主人も仕事大変だし、お疲れなので早く帰宅するのはいいことなのですが。
 
わがままなことを言えば、
 
「今、ノリノリで書いてたんですが」となります。
 
 
善意で仕事帰りに迎えにきてくれるし、
私も暑いなかバスと徒歩で帰るのもしんどいので有難いのですが。
 
ん〜。
私ってわがまま。
 
 
自分が運転できないから、
どうしても主人を頼ってしまう部分が多いです。
 
気温や自身の体調、執筆速度、仕事に必要なことなど、
 
いろんなことを加味して、
作業工程を見直さなければ、と思ってはいるのですが・・・。
 
基本的に執筆はテンションが大事だと自負しているので。
 
難しいね。
 
 
るい
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA