日々のこと。 / 本の紹介

私が図書館を頻繁に利用する理由は「税金を払っているんだから、前払いしてるだけ」と考えているからです。

こんにちは。

いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。

 

今回は「私が図書館を惜しみなく利用する理由」をお話しします。

 

単純に言えば、「しっかり税金を納めているから」です。

個人的には税金という形で利用料を前払いしている、と考えています。

 

あとは、家にものを増やしたくないので、借りて読んで返却するというシステムが素晴らしいと感じているからですね。

ケチくさい話をしますと、

仮に税金を10万円払っているとして、仮に1冊1000円の本を100冊借りて読んだら、10万円分の税金をいろんな意味で取り戻したということになります。

まあ、ご都合主義な考え方です。

(実際はもっと税金を払っていますし、本も1冊1000円以上するものもあります)

 

これだけは知っておきたい「税金」のしくみとルール改訂新版7版 [ 梅田 泰宏 ]

読書をすること、たくさんの本に触れることは、生きていくための知恵を授かることです。

何かトラブルが起きたとき、その知恵を生かして乗り切ることができます。

そして、仕事をしていく上でも多くの知識や知恵を持っていることは、とても有利になります。

特にフリーランスとして活動している身には、とても大切なことです。

私は「読書量は、収入に比例して伸びていく」と信じています。

 

今は、そこまで多く稼げているわけではありませんが・・・。

図書館を利用させていただき、びっくりするくらい稼ぐようになったら納める税金も増えてくるので、その時に恩返しできたら、それでいいと考えています。

まあ、ご都合主義ですね。

  

今は、図書館側も多くの市民に来てもらおうといろんなイベントをしています。

 

子どもの頃から、本を読む習慣を身につけて大人になっても続けていくことによって、知識は増えます。

仕事にも役立ち、収入を多くなるかもしれません。

図書館には自習室があり、老若男女関係なく勉強や仕事をすることができます。

静かで集中できる環境ですし、かなり捗るのです。

もちろん、利用は無料ですが、学生だって消費税を納めているので問題はありません。

「いい勉強」をして、大人になった時に税金を納めるという出世払いのようなものだと私は考えています。

なので、私は学生の時から図書館に入り浸っていて、今は本を借りるだけではありますが週にに1度は足を運ぶのです。

今はコロナで自習室の座席数も減っているので、受験やテストを控えた学生を優先させた方がいいかな、という私の自己満足で自習室の利用は控えています。

 

公共施設として、図書館や自習室が誰でも無料で使えるのですから、遠慮など必要ありません。

私は「なんで、図書館を馬鹿にする人が多いのだろう」と疑問に感じていました。

せっかく、いろんなイベントや来館者が増えるように努力してくれているのに、もったいないです。

 

こんな動画を見つけたので、載せておきますね。

 

私は、図書館は遠慮なく利用します。

そして、大きく稼げるようになったら「税金を人より多く払う」ことによって恩返しするのです。

 

泪ーruiー

 

投稿者

rui@rui-world.net
主婦です。 気ままに活動しています。