本の紹介 / 漫画

何もかもが可愛すぎて泣けるおすすめ漫画です。【おじさまと猫】

こんにちは。

いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。

 

ブログにアップするのが遅くなってしましましたが、「おじさまと猫」第7巻を読みました。

6巻を読み終えた時、ジョフロワさんがどう絡んでくるのか・・・と気になっていたし、どんなふうに神田さんとふくまるに落ちていくのかと色々想像していたのですが・・・。

 

いや、もう・・・想像する必要がなかったです。

落ちるとか落ちないとか、そういう問題じゃありませんでした。

 

結論から言うと、「みんな可愛すぎるし、みんな素敵な人」です。

 

おじさまと猫(7) (ガンガンコミックスpixiv) [ 桜井海 ]

「おじさまと猫」はドラマになる前から読んでいて、その時はコミックレンタルしていたのですが、ドラマが決まった6巻から購入しています。

ドラマ化前は、レンタル開始まで待てたのですが、主人が「ドラマ化するし、絶対に人気になるからレンタル開始しても借りれないかもしれない」と言っていたので、何も言わずに6巻を買ったところ大喜びしていました。

今回の7巻も、主人が発売日に「本屋に行くぞ!」と私を連れていきました。(私がポイントを貯めているのもあって、同伴です)

今度から、楽天市場で予約して届くようにしようと決めた嫁なのでした。

 

初めは私が「この漫画いいよ〜」とゴリ押しして無理やり読ませたのですが、いつの間にか主人の方がハマっていますね。

 

泪ーruiー

おじさまと猫(7) (ガンガンコミックスpixiv) [ 桜井海 ]

投稿者

rui@rui-world.net
主婦です。 気ままに活動しています。