閉じる

なんで単行本の発売日をチェックし続けなかったのかと後悔しております。(おじさまと猫)  ②

 

①へ

 

おじさまと猫(1) (ガンガンコミックス pixiv) [ 桜井海 ]

 

 作者の桜井海さんも巻末に書かれているのですが、連載がガンガンpixivと月刊少年ガンガンに移ったことにより、Twitterの枠を意識せずにストーリーを書けるようになったそうです。そのおかげで、今までよりも登場人物の心が描かれていて更に涙を誘います。
 初めはTwitterで連載している短編ではあっても、作者の中ではキャラクターの深い心の中まで描かれていたのですね。
 

 

おじさまと猫(5) (ガンガンコミックス pixiv) [ 桜井海 ]

 

次へ

 

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 泪の雫 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.