一次創作

バカは、どこにいるのか。【オリジナル小説】【短編】 オリジナル小説

バカは、どこにいるのか。【オリジナル小説】【短編】

  「おはようございます」  身支度を整えて、リビングに顔を出すと、父が経済新聞を読んでいた。 「おはよう」 母は、キッチンでベーコンエッグを焼いている。 「おはよう。ご飯、もう少しでできるから」 程よく焼けたトーストと、スープの匂い。テーブルには、サラダと牛乳が置かれている。 父の向かいに座って、…