ほけほけ私論 【ライトノベル】【感想】【京都寺町三条のホームズ】【望月麻衣】

 

 

こんにちは。

 

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

 

 

最近、ハマっているライトノベルです。

 

 

望月麻衣先生の「京都寺町三条のホームズ」と言う作品になります。

 

 

 

画像は楽天市場商品ページより。

 

 

現在、6巻まで読みました。

 

腹黒イケメンなんですが、

6巻まで行くと不器用で可愛い男になっていくので、

そこがまた面白いです。

 

 

後、読んでいると京都に行きたくなります。

 

作品の中で京都という街を魅力的に紹介していて、

「行きたい〜」という気持ちにさせられるのです。

  

 

1巻はこちらになります。

 

京都寺町三条のホームズ : 1【電子書籍】[ 望月麻衣 ]

 

ネタバレしたくないので、

あくまで私の感想を言葉少なく書いています。

  

 

1巻で印象的だったのは、

祇園祭の「山鉾」のお話です。

 

「まさか山鉾にそんな秘密があったとは」と驚きました。

 

 

京都寺町三条のホームズは、

恋愛小説でもあるのですが、

京都の知識や、骨董品の知識を得ることができて、

 

大人だからこそ楽しめる内容かもしれません。

 

ライトノベルでありながら、雑学小説と言えるでしょう。

 

 

 

現在は、18巻まで発売されてます。

 

京都寺町三条のホームズ(18)お嬢様のミッション (双葉文庫) [ 望月麻衣 ]

  

 

2023年2月16日に19巻も発売されますよ〜。

 

  

 

 

私は最近この作品を知って小説を読んだのですが、

2018年にアニメ化もしていたみたいですね〜。

 

 

 

ちなみに私がこの作品を知ったのは、

本屋さんを散策している時です。

 

 

京都寺町三条のホームズ : 1【電子書籍】[ 望月麻衣 ]

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA