感情を表に出せるようになっただけでも成長したと思う。

こんにちは。

いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。

本日から主人が新しい会社に出社いたします。

有休消化が半月くらいあったのですが、

暑さやら、ご時世的な事情やらで、

旅行などには行かず、少し近場に遊びに行ったり、

図書館で本を借りたり、

色々していたのですが、

主人が半月、家にいたことにより、

私は、私のことをさらに理解しました。

結局のところ、

私は「孤独でないと、仕事ができない人間」だったのです。

いや、前からわかってはいたけれど、

まさか、主人が家にいるだけで、

仕事の邪魔もしないのに、

気配があるだけで、

あそこまで仕事に集中できなくなるとは思いませんでした。

彼に気を使いすぎだとか、

そういうこともあるんですが。

 

終盤にはかなりストレス過多になっていて、

泣いてしまいましたね。

主人のことは大好きなんですが、

人の気配にビクビクするのは、

それが誰であろうと関係ありません。

これも毒親、毒家庭で育ったことに起因しています。

最終日には主人が

「じゃあ、漫画喫茶行ってくるわ!」と出かけてくれて、

家で1人、掃除やらサボっていた分の仕事やらをしていました。

おかげで、かなりスッキリしたので、

本当によかったです。

彼も、私の性質は理解してくれているし、

最近様子がおかしかったのもあるので、

そのことに、怒ったりはしません。

ただ「そういうことは、もっと早く言いなさい」とは叱られます。

うちの主人は、

私がそういう状態になっていても、

私が自分で言葉で伝えるまで、何もしないんです。

これは単に「練習」でして。

自分の気持ちを押し殺して我慢してしまうので、

彼は私が「こうしてほしい」と言葉にするまで絶対に何もしません。

ただ、思い返してみれば

有給後半になってから、1日のうちに何度も、

「言ってくれなければ、わからないよ」といった内容の言葉をもらっていました。

 

彼は私が1人になりたいというのをわかってはいても、

自分から言ってくるのを待っていたのでしょう。

結婚当初から、こういったことは練習させられているし、

叱られることも多いのですが、

いまだに、我慢してしまいます。

初めの頃は、言えなくて抱え込みすぎて

神経痛や嘔吐などまで行っていたのですが、

そこに行く前に伝えられたのは、

私にとっては「進歩」だと思いました。

むしろ感情を表に出して泣いている時点で、

かなり成長してます。

るい

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA