社畜の習慣を徐々に治していかなくては。【社畜】【転職】【有給休暇】

 

こんにちは。

いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。

主人の転職に伴い、

有休消化中のこの頃です。

ずっと社畜環境だった主人は、すでにこんな感じです。

 

有給2日目の朝には「もう、休み飽きた」と言っておりました。

彼は趣味がないわけではないけれど、

今まで、それを楽しむ時間すらなかったので、

ちょっと呆けているみたいですね〜。

本人は「体は楽になってきた」

「頭がクリアになってきた」とは言っていますが、

この段階では、目の隈がまだ薄らと残っていたので、

「目の隈が完全になくなるまでは、ゆっくりしてなよ」とアドバイスしておきました。

それでも、暇すぎるようならと

彼のために買っておいたノートと、本を渡して、

「暇つぶしに勉強したら?」と言ってあります。

元々、体と頭がすっきりしたら勉強を始めると言っていたし、

問題はないでしょう。

彼は有給中に「ボイラー2級」の勉強をするそうです。

U-CANの2級ボイラー技士 合格テキスト&問題集 (ユーキャンの資格試験シリーズ) [ ユーキャンボイラー技士研究会 ]

とりあえず、数日間はゆったりと過ごしたいらしく、

本を選んだりもしたくないそうで

本屋さんに行くのは、明日あたりになるとは思います。

 

とりあえず、家にある嫁の私物をパラパラ読んでいると言っていました。

 

(嫁の私物・一例)

まだ社畜癖が抜けなくて、

「自分のしたいことをする」とかに違和感を感じているみたいです。

まあ、徐々に癖をなくせばいいと思ってます。

 

るい

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA