花柄にはちゃんと理由があった。

 
こんにちは。
 
いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。
 
 
この間知ったのですが、
布団や毛布に花柄が多いのには理由があるそうです。
 
 
目覚めた時に
鮮やかな花が視界に入ると
朝から気分がいいからとのことでした。
 
 
「なるほどな〜」という感じです。
 
 
最近のものは無地だったりシンプルだったりが多いですが、
 
昔のものは花柄ですよね。
実家にあったのもほとんど花柄でした。
 
 
今は家の中を彩るアイテムがたくさんあるので、
寝具が花柄である必要性がないのかもしれません。
 
 
カーテンとかも同じ理由で花柄が多かったんでしょうね。
 
 
それだけ現代に娯楽が溢れていて、
小物なども安く買える時代になったということかもしれません。
 
 
部屋に置いてあるものが鮮やかであれば、
寝具やカーテンはシンプルな方がいいですからね。
 
 
正直、実家のカーテンや寝具を「花柄とかちょっとくどい」と思っていたのですが、
今のように娯楽が少なくて、
100円ショップなどもなかった時代に、
 
花柄のカーテンや毛布は
生活を彩るために必要だったのでしょう。
 
 
るい
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA