文房具店は主人に行ってもらう。

 
こんにちは。
 
いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。
 
 
先日、主人にお使いを頼みました。
 
 
欲しい画材が100円ショップにどうしてもなくて、
文房具店で「あるもの」を1つだけ買ってきてもらったのです。
 
 
初めは「連れて行こうか?」と言ってくれていたのですが、
「私が行くと、やばい」と断りました。
 
 
その理由を説明したところ、
主人は微妙な顔をしていましたsが、
実際に文房具店に行ったら理解できたみたいです。
 
 
「貴女がここに足を踏み入れたら、やばい」と言ってました。
 
 
100円ショップで画材道具を買うのも、
いつの間にか5000円行ってしまうので、
文房具店になんて行ったら、本当にやばいです。
 
 
徐々に上がっていく水道光熱費とか、
高騰するスーパーの食材、将来のこととか考えて節約しているのに、
 
「仕事に必要だから」なんて言い訳して、
大量に画材を買うに決まっているのです。
 
 
ゆえに100円ショップで画材を揃えるようにしているのだから。
 
 
自制は必要なのです。
 
 
るい
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA