夫婦2人とも「娘さんをください」という言葉が不快でした。

 
こんにちは。
 
いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。
 
 
私は親と縁を切っていますが、
結婚してから数年は、まだ付き合いがありました。
 
 
結婚の時も、それなりに揉めましたが、
あの手この手で親を落とし込み、
結婚まで持ち込んだのです。
 
この時は、かなり主人と話し合いをしました。
 
 
私の親は見栄とプライドの馬鹿なので、
主人と話し合い、
「娘さんをください」と言わなければ納得しないだろうと結論が出たのです。
 
 
正直に言えば、2人ともかなり不服でした。
 
 
私も「あいつらの物じゃねぇんだよ」と憤ってましたし、
彼も「貴女は物じゃないから言いたくないんだけどねぇ」と言ってくれました。
 
 
しかし、結婚を認めさせるためには言わなくてはなりません。
 
 
仕方なしにその言葉を父に言ったところ、
とても満足そうな顔をしていました。
 
 
主人は真剣な顔を作って不快を隠し、
私はニコニコと笑いながら、
心の中で「ふざけんじゃねぇよ」と父をフルボッコにしてました。
 
 
父もまさか2人がそんなことを考えているとは思っていないでしょう。
 
まあ、そんな父も
最終的に娘に捨てられました。
 
 
るい
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA