現金がなくて困ることはたまにあるのですが、結局は反省してないんです。

 
こんにちは。
 
いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。
 
 
年末のお話をします。
 
 
12月20日、主人のボーナス支給日でした。
 
手元に現金がなかったので、
とりあえず2万円下ろしました。
 
そのうち1万円は主人にお小遣いとして渡しました。
 
 
12月24日、主人のお給料日でした。
 
先日、下ろしたお金があったので、
「まあ、年末ギリギリにおろせばいっか」と放置しました。
 
 
12月26日、主人がお休みでした。
 
彼に「年末はバタバタするから、日用品とか保存がきく食材とか1月5日くらいまで持つように買いにいくよ」と言われました。
 
 
その時、私の財布の中には「1万円札が1枚と小銭」しかありません。
 
クレカ払いをすればいいのですが、
最近の私は「クレカ払いは控えよう」となっておりました。
 
その理由は「入金される通帳と、クレカ引き落としの通帳が別で、その通帳に移し替えるのが面倒」だからです。
できる限り、その頻度を減らしたいんですよ。
 
 
そんなわけで、
最近は、給料日後にATMでお金をおろして、
各電子マネーに2万円ずつ現金で入金してこまめに買い物しております。
 
 
26日の電子マネー残高の状態は、
「ま、まだいっか」と思っていたので、残高がそんなにないし、
現金もそこまで持っていなかったので、
 
「いや、手持ちがない」と正直に主人に説明したら、
 
「足りない分は、俺が出すから」とのことで、
買い物に行きました。
 
 
日曜日で、ATMも手数料がかかるのでお金をおろすのが嫌なんです。
 
 
結局、3箇所くらい買い物に回って。
私の財布の現金(お札)はなくなり、
主人に2000円出してもらって終わりましたね。
 
 
もともと現金を持ち歩くのが嫌いなので、
電子マネーとかクレカ払いなんですが、
 
たまに「現金がない!やばい!」という状況になりますね〜。
 
そして「ATM手数料がかかるときにおろしたくない!」ので、
主人に出してもらったりしてます。
 
 
毎回、「いつもある程度の現金は持っておこう」と反省するのですが、
結局、「お金下ろすの、めんどくさい」が重なり、
現金が必要なところで使うので、
手持ちの現金が徐々に減っていき、
 
どこかで「困った」となります。
 
 
まあ、反省してないんですよ。
 
 
るい
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA