業種も健康状態も全く違う主人とは食事の内容も変えなくてはならない。


 
こんにちは。
 
いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。
 
 
先日、病院に行ってきました。
 
貧血と低血糖気味になることがあり、
顔が白くなったり、唇まで青くなることもあり、
血圧も下がってしまうので、内科に受診しました。
 
主人がかかっているドクターで、
前の受診の時に私のことも相談しておりまして。
 
今回、受診させていただきました。
 
 
血液検査としては、全くの異常なしで
むしろ「超健康状態」でございます。
 
実は、これまでにも何度か同じ症状で個人病院にかかっているのですが、
異常なしの健康状態で「気のせいじゃない?」と言われて軽く流されることが何度もありました。
 
それもあって、病院が嫌いになったのもあります。
 
しかし、今回かかった病院は総合病院であったために、
いろんな症状を経験しているドクターなので
きちんと相談に乗っていただくことができました。
 
検査結果としては問題なしの超健康状態であっても、
突発的に血圧や血糖値、貧血状態になることはあるので、
食事のアドバイスをいただきまして、
それを実行して、数ヶ月後にまた受診することになりました。
 
 
単純に言えば、
主人がコレステロールが高く、腎結石、痛風などがあるので、
それに合わせて同じ食事を摂っていたことにより、
軽度の栄養失調状態が長く続いてしまっていたのです。
 
それが1番の原因でした。
 
というわけで、
お肉やチーズなどを取り、食後に牛乳を飲むことや、
適度にお菓子を食べることなど(ビスケットなど)を実行して、
様子を見ていきます。
 
私は在宅ワークで、文章を書くことがメインであり、
調べ物もするので基本的に頭脳労働です。
 
長くデスクに座っていることができるように、
体の回りを良くして、思考力を高めるため、
ウォーキングも筋トレもします。
 
主人はガテン系であり、疾病により食事制限も必要で
私とは仕事も体の状態も全く違うので必要な栄養も違ってくるのかもしれません。
 
しかも集中すると、
食事も何もかもをおろそかにして、
延々と執筆をしてしまうのも原因です。
 
 
健康って難しいですよね。
 
 
るい
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA