日々のこと。 / 食べ物の話

自炊がいいとは限らない時代ですよね。

 

 こんにちは。いつもブログを読んでくださり、ありがとうございます。
 季節は冬に近づいていても、まだまだ暑さが残ります。それでも、肌寒い日もあり、そんな日には「おでん」が食べたくなりますよね。コンビニのレジ横にもおでんが置かれる時期になりましたし、スーパーでも「おでん練り物セット」が目立つようになりました。年々、気候が変化してきて、冬が近づいているとは実感しにくいのですが、それでも並んでいる「おでん」を見ると食べたくなります。

 

 こちらは、スーパーの「おでん練り物セット」を使って自宅で煮込んだものです。出汁がついているので簡単です。ただ、煮込みが足りなかったなぁとは感じています。お腹が空いていたので、煮込み足らずでも食べてしまいました。

 

 

こちらは、セブンイレブンのおでんです。買ったらそのまま食べることができる分、ちょっとお高めですが…お店で充分に味が染みているので最高に美味しいです。自分の労力を使っていない分、お値段が高いのは当たり前ですからね。

 

 よく「コンビニは値段が高い」とか「外食は値段が高い」といったことを言う方がいますが…。正直なところ、「自分で作る」とか「片付ける」という手間を代わりにしてもらっているのですから、その手間賃とか水道光熱費、手数料分が材料費などに上乗せされるのは当然ですよね。ネット記事などで「値段が高い」などとクレームをつける方がいると拝見したことがありますが、「だったら自分で作ればいいのに」としか思えません。

 

 私は自炊がメインで、外食もそれなりにしています。外食をするときは、身体が疲れているときや仕事が忙しいときです。コンビニを利用するのは仕事に集中して気づいたらお腹が減りすぎてフラフラしてきたというときですね。料理をすることは好きだし、自宅で仕事をしていて時間は自由なので自炊は苦ではありませんが、それでも仕事はしていますので、しんどいときはあるのです。

 

 自炊になれているので外食やコンビニ食を「高いなぁ」と感じることはあります。けれど、疲れているときや「お腹すきすぎて、作ることすらしんどい」というときの「自分の手間の軽減」を考えると、かなり安いのです。

 

 「自炊じゃなきゃダメ」とも言えませんし。仕事で疲れて帰ってきてご飯を作って食べて、片づけして…翌日はまた仕事で…なんて生活を続けられるかと言われたら私には無理です。在宅で自由気ままに仕事をしていて、炊事洗濯も自分の采配でできる今でも疲れて夕飯が作れないときがあるのです。掃除ができないほどに疲れているときがあるのです。自由気ままな時間に仕事ができたとしても仕事は仕事、楽しいけれど疲れるのです。たまに毎食を外食や出前にできるくらいに稼げたらどんなに楽だろうか…と思うこともあります。
 
泪-rui-

 

投稿者

rui@rui-world.net
主婦です。 気ままに活動しています。