日々のこと。 / 食べ物の話

仕事のことしか考えられなかった私は、新商品や期間限定へのトキメキを思い出してきました。

 

 こんにちは。いつもブログを読んでくださり、ありがとうございます。
 今回は、最近飲んだペットボトル飲料とともに、他愛もない話をしていきたいと思います。
 
 とりあえず、3つ連続で写真をアップしておきます。

 

カルピス カルピスソーダ 贅沢ふじ 450mlペットボトル×24本入

 

サントリー オランジーナ ブラッドオレンジ 420mlペットボトル×24本入

 

カルピス Welch’s(ウェルチ) ロゼスパークリング 450mlペットボトル×24本入

 

 上記の3つとも期間限定商品です。なぜ人は「期間限定」という言葉に弱いのか…。やっぱり「試しておかなくては!」「この季節がきたか!」とワクワクしてきますよね。売り文句の商売戦略ということも理解していますが、この時期にしか売っていないのないし、美味しいことに罪はないので構わないのです。
 「期間限定」「数量限定」という売り文句があり、消費者として手を伸ばしたくなるのです。私も昔はサービス業、販売業をしていたので、セールスに関する勉強はしていました。消費者に買ってもらうために、様々な策略があるのです。ブログや広告、売り文句など消費者にときめきを与えて買ってもらうのです。単純な話をすると、心理学ですね。そういったことを一通り勉強していたので、いろんな広告や売り文句などを見ては「ああ、こういう心理で買わせようとしているのね」と冷めた目で見ていました。しかし、そんなことばかり考えて並んでいる商品を見ることを続けていくうちに、買い物が楽しくなくなってしまったのです。
 なにも知らない学生時代に「期間限定だ!食べなきゃ!」とコンビニに行ってときめいていたころは、本当に楽しかったし買い物を楽しんでいました。大人になって様々な知識を身に着けていくうちショッピングしながら「これはこういいう戦略なのか…」「こういう陳列なのか…」と考えながら買い物しているので、純粋に買い物を楽しむ気持ちがなくなっていたのです。それはそれで、楽しいと言えば楽しいのですが、周りから見たら目が怖いのだろうなぁと思います。新商品を見て「こういう時世だから、こういう商品が出るのか」と思いを巡らしてしまうのは、悪い癖です。
 もっと純粋にキラキラした気持ちで「新商品!?試さなきゃ!美味しいかな!?」とワクワクした頃の私に戻りたいと思いなおした私は、新商品を見たら「絶対に買う」ことを決めました。そして味わって飲むことにしたのです。最近は、新商品や期間限定へのトキメキを思い出してきました。
 
泪-rui-

 

投稿者

rui@rui-world.net
主婦です。 気ままに活動しています。