孤独とは。

第2回 孤独を愛して生きている

 

目次はこちらから。

 

「孤独を愛する」というワードで検索をかけると、まず目を引くのは「ムーミン」に登場する「スナフキン」の名言です。
  
人気の高く、私も大好きなキャラクターです。
  
スナフキンが、多くの名言を残している孤高のキャラクターなのは知っていましたが、
 「孤独を愛する」と検索をかけて、数多くの検索結果が出てくる彼の生き様を詳しくは知りません。
 
改めて、紐解いていきましょう。
 
   
 
まずは、こちらの名言から紐解いていきましょう。
 
 
―――――
 
僕は、孤独になりたいんだ。
 
来年の春、また会おう。
 
スナフキンの名言集 (講談社)
―――――
 
 
あなたが今、一人になりたいと感じている時、この言葉を口にすることができますか?
 
私にはできません。

一人になりたい時は、言葉には出さず、連絡をしない、無視をするなどで一人になれる状況を作り出します。
 
「一人になりたい」と、何でもないことのように口に出せるのは「孤独を愛している自分」を受け入れて、認めているということです。
 
 
孤独を愛することに自信を持っている。
孤独を愛する人は、孤独である自分を受け入れています。
 
その時間を大切にしているので、周りに何を言われようと動じることはなく、寂しいと感じることはありません。
 
孤独であることに、自信を持っているのです。
 
孤独があるがゆえにどんなメリットがあるのかを知っているので、 孤独であることを誇りにすら思っています。
 
  
【次回のテーマ】
 
次回は孤独であることのメリットについて考察していきます。
 

 

次回

第3回 孤独であることのメリット

 

目次はこちらです。

  

泪-rui-

主婦です。

気ままに活動しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA