自分の体事情が他と違うからこそ、今の生活スタイルで充実した生き方をしてます。


 
こんにちは。
 
いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。
 
 
私は昔から「神経が細い」と言われてきました。
感覚が鋭いらしく、いろんなことに過敏になってしまし、
すぐに参ってしまうのです。
 
ストレスなどにも弱くて、
すぐに肌が荒れたり、神経痛になったりします。
体が怠くなって動けなくなることもありますし、
頭がぼーっとすることも多いです。
 
そんな私は「元気な状態で執筆をする」ために、
日頃の生活にかなり気を付けております。
 
バランスの良い食事をとり、
十分な睡眠を取ることは絶対です。
 
あとは「デトックス」をしっかりできるような生活を送っています。
 
基本的には「お通じがちゃんとしている状態」を保つことです。
 
そのためには、毎日欠かさずにウォーキング、筋トレ、ストレッチなどの運動をして、
お風呂にゆっくり浸かります。
体を洗う時も、全身をマッサージするように洗います。
水分もきちんと摂っており、1日に2リットル近くは飲むことが必要です。
 
実際にそれが完璧にできているかと聞かれると違うのですが、
これらを心がけてはいます。
 
単純にいえば「常に体の回りをよくする」ことです。
 
正直、サボる時もあります。
しかし、2日サボると体の回りが悪くなり、お通じも悪くなり、
体調が悪化し始めて、仕事に支障が出てきます。
 
本当にめんどくさい体なのです。
 
しかし、これをやらずにいると、
仕事もできずに、ずっと横になってしまうことになります。
(母がそうでしたし、私も昔、そういう時期がありました)
 
原因は、ストレスを感じやすいとか、
感受性が強すぎて、脳に疲労が溜まりやすいことにあるようです。
 
仕事をしないと、お金がなくなってしまい生活ができなくなってしまうので、
めんどくさいなと思いながらも、実行しているのです。
 
そういった事情があって、
人と関わらず、主婦業をしながら、自分のペースで自宅で仕事をしております。
 
 
たまに言われるのですが、
散歩したり、運動したり、バランスの良い食事を作ったり、昼寝ができたりするのは、
「お前が、暇だからだ」なんて陰口を言われたりしました。
 
私の体の事情を知らない人たちが言っていることなので、本来なら気にする必要もないのですが、
当時の私は、かなりストレスを感じていました。
とは言っても、私の仕事量を知っている友人からは「化け物か?」と言われていたので、
暇なわけではなかったのですが。
 
いろんな経営者の自伝や、ビジネス書などを読んでいくことによって、
「ああ、稼ぐためには必要なことなのだ」と理解してからは、自信を持てるようになったので、堂々としていましたが、
陰口に関しては、イラッとすることが多かったです。
 
あと、人間の脳には限界があって「真剣に仕事ができるのは、せいぜい2〜3時間」と知ったので、
本気で仕事する時間は、それだけでいいのだと思い、
それ以外の時間を体のメンテナンスや、本を読むことに使うのに戸惑いがなくなりましたね。
 
今の私はパソコンに向かって執筆するのは、1日に3時間もなくて、
あとは、読書や運動、昼寝、主婦業に精を出しております。
 
 
身体的な理由で、周りと同じように仕事をしたり、
生活が送れないからこそ、気づけたことです。
 
 
るい
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA