閉じる

第1回 「孤独」という文字を紐解く②

 

①へ

 

【「孤独」とは一般的にどういった意味なのか。】
 
   
国語辞典では「孤独」という単語は名詞、形容詞に属します。
 
頼りになる人や心の通じ合う人がいないこと。
 
ひとりぼっちで寂しいこと、という意味があるようです。
 
  
名詞として使用する場合の「孤独」は、
 
「孤」という文字は、親のいない子供のことを指し、
 
「独」という文字は、年をとって子供のいない老人のことを指します。
 
  
Wikipedia では、
「自分が一人である」という心理状態になっている人のことを指すようです。
 
孤独であるという状態は、自分がそう感じている場合と、
他者から見て、「あの人は孤独だ」と思われている場合があります。
 
沢山の人の中にいても、自分自身が「私は一人である」と感じていれば孤独になりますし、
自分自身が他者との交流があると思っていても、周りからは「あの人は孤独である」思われている場合もある、ということです。
 
Wikipedia には他にも孤独について様々なことが記述してありますが、
今回の記事では、孤独という単語の意味を考察するということなので割愛させていただきます。
  
Wikipedia のリンクは下記 のリンクは下記に記載させて頂きますので、
 
この考察を続けて読んでくださる方は、目を通していただければ幸いです。
 
 
参考
https://ja.wikipedia.org/wiki/孤独

 

次へ

 

目次はこちらです。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA


© 2020 泪の雫 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.