彩られた無色(オリジナル小説)

第1話 ただ、生きている。それだけのこと。①

  

目次はこちらから。

 

 
 生きていくことは簡単だけど、生活を維持して生き続けることは難しい。

 いっそのこと早く終わってほしい命だけど、そうはいかないのが社会というものだ。
 自ら命を絶ってしまいたくなるときもあるけれど、そんな勇気はないから生活を維持するために働くしかない。

 楽しくもないし、幸せと感じることもない。ただ、生活を維持するために働いて、食べて、寝るだけの生活なのだ。

 
 私は、生きていることを仕事と割り切らなければ生きていくことができない。
 
 生きていくためにはお金が必要だから稼ぐために笑うし、人に優しくできる。
 
 自分自身が犠牲になろうと、身体を壊そうと関係はない。それで早く人生が終わるのならそれでいい。
 

 生きていることはつまらないし、どうでもいい。
 心が満たされなくても、社会生活が送れていれば問題はないのだ。

 

次へ

 

目次はこちらから。

 

投稿者

rui@rui-world.net
主婦です。 気ままに活動しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


彩られた無色

2020年7月2日