夫婦漫才 日々のこと。

嫁は旦那様を尊敬しています。

 

いろいろ問題はあるけれど「すごい男だ」とは思ってます。

 

 

 

旦那様は、なんというか「すごい男」です。
 
 
嫁は、基本的に外に出たくないし、
内向的な性格なので、どこかに勤めるのは向いていません。
 
そんなわけで、
ブログやイラストを描いて、少ないですが収入を得ています。
 
単純に言えば「好きなことをしている」ですね。
 
 
嫁の性質を理解しているので、
 
「外に働きに出ろ!」や、
 
「どこの家も、共働きで働いているんだぞ!」
 
「家に籠っていて恥ずかしいと思わないのか!?」
 
「そんなもので、稼げるわけないだろう!」など、絶対に言いません。
 
(※過去に私が言われてきたことの一例です)
 
 
さらには、私は旦那様いわく「クリエイター向き」「アーティスト脳」なんだそうです。
 
昔から、創作が好きなので、そうなのかもしれません。
 
 
あとは、他人から意見されると、「自分の世界観」が揺らいで、
創作ができなくなり、無自覚にストレスを抱え始めます。
 
旦那様に出会った頃は、その無自覚のストレスが膨れ上がっているときです。
 
そのころは、「会社員」として、指示された仕事をひたすらにすることに没頭してました。
 
 
自分の世界観や、創作から逃げていた時期です。
 
 
結婚してから、創作活動を復活するまで、紆余曲折ありましたが、
今では、学生の頃のように楽しんで創作活動に励んでいます。
 
もちろん、まだまだ満足な収入は得られていませんが、
 
旦那様が、
 
「るいちゃんは、自分の世界を表現することが一番向いている」
 
「だから、そうやって好きなことをしていればいいよ」と言ってくれたので、
 
私は遠慮なく、そうさせてもらっています。
 
 
旦那様が嫁を放置しているのは、そんな理由です。
 
 
正直な話、私のブログやサイトで、生活できるほどの収入が得られかは不明ですし、
 
長くやっても、収入が得られないかもしれません。
 
 
それでも「いいよ」と言ってくれる旦那様に感謝です。
 
 
しかし…。
 
創作活動に集中しすぎて、気づかない間にエネルギー不足に陥って、
「帰るよコール」のときに「チョコレートを…」とヘロヘロになっていることには怒ります。
 
とてつもなく怒られます。
 
 
それも旦那様の優しさと理解しているので、
 
嫁は、旦那様が大好きなんです。
 
 
怒るけど、チョコレート買ってきてくれるし、
牛丼を買ってきてくれたり、夕飯を作ってくれるときもあります。
 
 
主人のお給料だけで生活はできるけど、
生活は「節約思考」だし、あんまり贅沢もできませんが、
 
本当に感謝しているのです。
 
 

泪-rui-

主婦です。

気ままに活動しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA