夫婦漫才 日々のこと。

最低限のお小遣いしか渡していないので、飲み会は事前申告

 

財布の紐を握っているのは、嫁です。

 

 

 

以前は、生活費だけ旦那様から預かっていたのですが、
今は、通帳もカードも、すべて嫁が握っています。
 
細々とした無駄づかいが多かったので、そうなりました。
 
 
嫁は、手前みそではありますが、
金銭管理には、かなり自信があります。
 
 
そんなわけで、主人に渡すお小遣いは決まっており、
月に2万円と決めています。
 
一度に渡すのではなく、言われたときに1000円単位で渡すか、
電子マネーにネットで入金しています。
 
基本的には、会社の自販機で使うジュース代とか、コンビニや牛丼屋で使う飲食代ですね。
 
 
お小遣い2万円の中には、「飲み会代」とか「交際費」は含まれていません。
 
「行くな」と言っているわけではなく、
事前に言ってくれれば、お小遣いとは別に渡しています。
 
もちろん、そのための予算は事前に確保しているので、家計には響きません。
 
 
普通に生活するには困らないとはいえ、あまり使われても困るのが主婦の気持ちです。
 
将来への蓄えや、急な病院代とかもありますからね。
 
 
男性側の意見からすれば、
 
「もっと好きに行かせてやればいいのに」とか、
「細かすぎるよ!!」というのがあるのかもしれませんが。
 
 
私が旦那様に口うるさく言っていることは、
 
「考えなしに好き放題お金を使っていたら、10万だろうが、1億だろうが、あっという間になくなる」です。
 
 
旦那様の同僚たちとのコミュニケーションも必要なことですし、
 
日常生活の中でも、予測可能の急な出費があります。
(病院代とか、冠婚葬祭とかですね)
 
 
思いつく限りの予測をして、
とりあえず「そのためのお金」は確保しておくのです。
 
 
私の「事細かな家計管理」を踏まえたうえで、
会社の仲間とのコミュニケーションを楽しんくれれば、それでいいのですよ。
 
 

泪-rui-

主婦です。

気ままに活動しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA