夫婦漫才

出不精な嫁を連れ出すのに一苦労している旦那様です。

こんにちは。
 
突然ですが、私は極度の「面倒くさがり」です。
 
 
外食をしたり、美術館に行くことは大好きなのですが、
 
基本的に家から出たくありません。
 
 
仕事だったり食材の買い出しには行くのですけどね。
 
 
それ以外は家の中で過ごしたいのです。
 
 
家から出て、車に乗ってしまえば、
 
あとは、楽しんでいるのですが。
 
 
私が家を出るまでに苦労しているのは、主人です。
 
 
 
先日、主人の同僚から1000円分のケーキ券を貰いました。
 
有効期限もあるので、
 
「ケーキを買いに行こう!」という、
 
家から出るミッションを与えられました。

面倒くさがりや私は、ケーキを買うためだけに外出するのは、かなり面倒くさいのです。
 
 
そんなわけで、
 
 
主人にケーキを買いに行かせ、
 
自分は家で留守番していると提案しました。

正直、いつものことです。
 
主人の答えも、いつも同じで、
 
 

一緒に行かなければ、ケーキを与えてくれないのです。
 
 
いつも同じ答えが返ってくるとわかっていても、
 
もしかしたら、「わかったよー」と言ってくれるのではないかと期待しています。
 
 
そんな期待も虚しく、
 
ケーキを食べたくて連行されていくのです。

 
 

嫁の口癖は「ど〇〇もドアが欲しい」です。

 

泪-rui-

主婦です。

気ままに活動しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA